az

2017年5月30日火曜日

気がついてました。

皆さん、わんばんこ!
ということで、表題ですが、暖かくなってきました。
5月になり、弊社には新人君も入り、社内も暖かくなってきたんでないかい?
とかいって💦
いやいや、もう6月だしと思ったあなた、マチガイナイ!(古)

先日、日本のうた松山市の回、参上致しました。
四国ということもあり、以前、急遽、舞台監督としてデビューをした鳴門市の回でお世話になった技術、美術の皆さんと再会できました。
あれー?とか、何やってんの?とか言われながら、挨拶をして回りました。
なんだか、とても動きやすい環境で嬉しい気分でした。
元々、四国が故郷でなければ、あまり行ったことのなかった場所でしたが、今後もこの仕事を続ける中で大事な、そして思い入れのある場所になってる気がします!

さてさて、20日には三越劇場で行われたスーパー銭湯アイドル、純烈のコンサートにスタッフとして参加しました。
あまり時間の無い中、足を引っ張らないように気を張ってみました。
とか言って…

いざ純烈の皆さんが入り早速、リハ、淡々と進み、気が付けば本番1時間前〜。
純烈さんたちはマスコミ取材の対応~衣装に着替え、準備〜。

とここで。

純烈とは…元こどもたちのアイドルとして活躍していた4人と東京理科大という理数系の名門大学を中退されたイケメンの5人で活動しているグループです。
わたしの目で見た純烈の皆さんは…
あっ、ちなみに特撮好きの内田公明は純烈になる前からのメンバー皆さんを知ってました。
えっへん(^_^)


白川裕二郎さん→忍風戦隊ハリケンジャーで最初は主人公たちと敵対するゴウライジャーのカブトライジャー、変身の仕方もクールでチョーかっこいい、霞一甲。弟の霞一鍬を演じた姜暢雄さんとの兄弟愛も半端ないっす。

酒井一圭さん→ガオレンジャーでガオブラックを演じてらっしゃいました。
この作品には狼鬼という最強の敵がいたのですが、その正体は平安時代に世界を守っていたガオレンジャー、のちにガオシルバーとして仲間になったんですが、その役を演じていたのが、玉山鉄二さん。ちなみに酒井さんのことをガオレンジャー時代はずっといっけいさんかと思っていました。ごめんなさい。ガオアクセス!ハァ!

友井雄亮さん→仮面ライダーアギトで賀集利樹さん、要潤さんとともに主役を演じた人です。
仮面ライダーギルス、当時から見ていてルックスがやばくかっこよかったです。
野生的な仮面ライダーで、狂ったようにアンノウンを倒していくのですが、その力はかなり彼を苦しめていた様子です。実は本当にその後も気になっていたのですが2時間ドラマで少し見て、明るい役をやられていて少しホッとしたのを覚えています。
またNHKの朝ドラ、ちりとてちんでもご出演されてました。

小田井涼平さん→仮面ライダー龍騎で悪徳弁護士、北岡秀一、そして主人公たちとともに生死をかけて争うことになる、仮面ライダーゾルダを演じていました。
軽い感じなんですけど、ときには冷徹だったり、共闘したりと大きな存在感がありました。ちなみに変身ポーズは1番好きでした。
実は今でも涼平さんの変身ポーズを本当に純烈とは関係なくたまに1人でやったり、やらなかったりとか?ちなみに当時は涼平という芸名でしたね。
美味しんぼにも出られてました。

後上翔太さん→唯一、ヒーロー出身ではないのですが、1番若く爽やか。
われわれスタッフにも爽やかに対応してくれるんです。東京理科大中退という学歴はやはりすごいなぁ、と思うほど、インテリ感を感じます!

ちなみに上記の情報は、本当に当時僕が見ていた感想や記憶です。
間違ってたらタラリラ~です。

で、数年前に民放の番組で初めてご一緒した際に皆さんには僕の思いを勢いあまって伝えました、そしたら白川さんが変身ポーズやってくれまして、その日の夜は本当に興奮してヤバかったことを覚えてます。

コンサートでは僕は下手で押出しをしていました。
実は日本のうたでも、何度かご一緒しているので、押し出しはお手の物(え?)
なんつって・・・
本番前の緞帳裏でリーダー酒井さんと話しまして・・・
内)純烈さんってやっぱみんなかっこいいっすよね。
酒)またまた~
内)いやまじですよ、衣装着て、髪型もバッチリでかなりかっこいいっすよ。
酒)また~よく言うよね~(的な感じ)
内)※いい加減・・・いやまじで!

やはりコンサートともなると純烈好きのお客さんで溢れており、公演修了後の握手会、写真撮影には長蛇の(純)列!
おそらく、2時間ほど掛かっていたかと思います。
握手会が終り戻ってきた皆さんとちゃんとご挨拶できてよかったです。

また機会がありましたら、ご一緒したいですね~。

よろしくお願いします。

ひとまず、退散致します!